スポンサーリンク
不動産投資

業者が言わない不動産投資に潜むリスクと回避する対策【購入】

借り上げ(家賃保証)=安心。そう思っている人が多いので、なくても問題ない物件で且つそのような物件なら保証契約をした時点で損益である。実はここには落とし穴があって家賃をいくら保証するとは言ってません。
不動産投資

不動産投資に潜むリスクと回避する対策を徹底解説【物件】

タワーマンション、都心部の高層ビルなど良い立地で良い物件、新しくて立地が良ければ失敗しない?まず考えて頂きたいのが「投資商品」だということです。投資商品とは、投じた資金や資産に対してリターンを求める商品であり、利益が出るのを前提に戦略を立てて万が一、薄利でも出口(損なし又はローリスク)が見えているのが理想です。
不動産投資

失敗しない不動産投資!!不動産投資に潜むリスクを徹底解説【人】

知識というのは、投資そのものや不動産、お金というものを知っているかどうかということです。知っているというのは、投資の流れやリスク、不動産投資の内容、お金の価値や流れを基礎だけでも捉えてますか??ということです。よく「不動産投資で失敗して大変な目にあった」などと相談される方が多くいましたが、当然と思うような内容でした。
老後資金

40代が考える老後破産への不安とは?

今の40代が定年を迎えて老後という年齢になる頃には、日本の人口が1,2憶万人を下回ります。そうなれば、高齢者が増えていくこの中へ入り込んで行くわけですから、年金も手当も割合が減少します。更にそれ以下のん若い世代が減少しているわけですから資産を自分で作るしかないというのが結論です。
老後資金

30代が考える老後破産への不安とは?

今はマイホームも高い、結婚式も高いなど物価が上昇して様々な問題から何を優先すべきかが明確になりません。30代から60歳以降のことを考えろと言われても、やっと収入が安定し結婚も考えてるなかで老後??となるでしょう。
老後資金

老後資金の嘘やデマに流されないための計算方法

もうおわかりの方もいるかと思います。そもそも老後で年金100年安心なんてありません。60歳から65歳で定年を迎え、そこから100年ですよ?年金ですから定年後、年金受給者が対象ですから。160歳の人が今までいたでしょうか?
老後資金

老後の生活への不安は何がある?老後生活の実態と考えるべきこと

老後資金や資産運用、年金対策や実例シュミレーションを紹介してきましたが、原点に戻って実際、老後の生活に不安を持っているひとは、どのような不安があるのか。今回はその現実について紹介します。これを元に、自分に必要なものが見えてきます。
ぷらっとグルメ

今からでも間に合う!!ホワイトデー人気のお返し!

まだ買ってない!?ありえないです、急いでください!!義理でもなんでも、お返しは「気持ち」です。相手の好みなども考えて選んでください♪お返ししないなんて、そんな男にならないように!!(笑)
老後資金

老後破産する人はどれくらい?老後破産の割合と現実

現在、日本での65歳以上の高齢者は約3,200万人。その中で、老後破産するのは約200万人といわれています。老後破産200万人と効いて多いと思いますか?それとも、少ないと思いますか?日本は格差というのはあまり表向きにはなっていませんし、シングルマザーで貧困やギャンブル依存で貧困などの方がメディアでは騒がれます。
就職/転職

保育士の年収は低いのか?保育士の平均年収を徹底解説!

保育士の年収はあがり待遇は改善されます。保育士の年収をあげるには、昇給や昇格によって変わってきます。①勤続年数による昇給効率保育園では、正規社員は公務員になるため、勤続年数に応じて規程の昇給が発生します。実際の統計では公立と200万円近くの差がでてますので、待遇面で不満がない方以外は考えた方が良いでしょう。
スポンサーリンク