業者が言わない不動産投資に潜むリスクを徹底解説【人】

不動産投資

業者が言わない不動産投資に潜むリスク

こんにちは。

前回は「お金を知らないリスク」について説明しました。

だいぶ前回から時間が経ってしまったのですが、
記事URLを貼っておきますのでご覧ください。

失敗しない不動産投資!!不動産投資に潜むリスクを徹底解説【お金】
☝クリックでサイトへいきます(3/23更新)

不動産投資リスクで今回は「人の意見に流されるリスク」
について説明していきます。

私は不動産投資をお勧めしています。
ただ、知識をつけてからやって欲しいと切に願っているので
この様な記事を書いています。


人気ブログランキング
いつも応援ありがとうございます(*’▽’)

 

不動産投資に潜むリスク【人に流されるリスク】


写真:3120さん

不動産投資を行う上で、多く関わるのが「人」です。

営業マン、セミナー主催者、金融機関担当、仲介営業マン
コンサルタント、オーナー、税理士など。

おそらく、物件の数よりも関わりが多くなると思いますが
それだけ「人の意見を聞く機会」が多くなり、判断が
鈍ったり、正解がわからなくなったりと、流されやすくなります。

でもそれはなぜか。

あなたに知識がないからです。

知識というのは、投資そのものや不動産、お金というものを
知っているかどうかということです。

知っているというのは、投資の流れやリスク、
不動産投資の内容、お金の価値や流れを基礎だけでも
捉えてますか??ということです。

よく「不動産投資で失敗して大変な目にあった」などと
相談される方が多くいましたが、90%以上は当然と思う
ような内容でした。

知らないから騙されるのです。

知らないから、それらしいことを言われて信じるのです。

だから知識が必要なのです。

 

不動産投資のリスク(1)営業担当を信用して大丈夫?

営業マンといってもピンキリです。

これだけは言えますが、オーナーよりも自分の営業マンと
しての「ノルマ」を優先する様な営業とはすぐにサヨナラしてください。

各業界にはトップ営業マンと呼ばれる重鎮が多く存在しますが
彼らはそれなりに努力をし、お客様との関係性を築いてきた結果
数字に表れ、そう呼ばれるようになりました。

では「あなた不動産をどこから買うのですか??」

この回答は「不動産屋」です。

営業マンから営業されて買うのですが、不動産屋から買うのです。

よって、営業マンが信用できるかどうかではなく、
購入後の会社の姿勢を見てください。

購入後に管理するのも不動産会社(管理会社)です。

営業マンに会社の姿勢を聞いてみてください。
管理に対する方針や賃貸の入居者をつける為の姿勢、
さらにはその後のオーナーとの向き合いかた。

物件を見るのも営業マン(態度や知識)を見るのもそうですが、
会社の姿勢をみて、今後10年20年任せても平気か否かの
判断をして下さい。

営業マンとは商談から契約までですが、その後の長い
付き合いになるのは不動産会社ですから。

 

不動産投資のリスク(2)電話営業は怪しい?

営業マンはいいことしか言いません。

電話営業の目的は何か、ご存じでしょうか??

「知識のないひとを探す」これが目的です。

電話営業でいいことしか言わなければ、言葉巧みに
話されてアポイントまで持っていくのは簡単です。

さらに相手が不動産投資の知識をもっていませんから、
どう話してもそれが「正」になっていくものです。

知識のある人間は、自分から能動的に動いて探してますし
情報も収集していますので、電話営業をする意味がないのです。

もし、あなたが今電話営業をされているのでしたら、
信用できるのかどうかを探りたいのなら、質問をしてください。

 

今○○のエリアで検討しているアパートがあって、築〇年で

○○万円なんだけど、あなたどう思いますか??

というレベルで問題ありません。
知識がある営業マンなら、少ない情報で想定できる回答は
きますが、知識がなければ濁すのでダメだねと思ってください。

それだけ電話営業は正直誰でもできるものですから。

それが嫌なら「もう結構です」「投資はやりません」などと
話して相手にもう電話しないでくださいとハッキリ言った上で
「はい、わかりました」と言わせてから終えてください。

そうしないと永遠と電話が鳴り続けますので(大袈裟ですが)

そんなもんです、ノルマというものは。

 

不動産投資のリスク(3)不動産投資セミナーの選び方は?


写真:カメラ兄さん

まず、セミナー参加をしてその後にすぐ個人面談をして…
その日に申し込みをする。なんて事はしないでください。

??と思われるかたも多いと思いますが、よくある話で
セミナー参加したその日に申し込みというのはよく聞きます。

即決しないでくださいね!!ということです。

例え即決したくなる物件があったとしても、
あなたの「目的」と物件は合致していますか?と考えてください。

目的がまだ明確ではない場合、セミナー後の個別相談などに
参加して目的を決めることから始めてください。

話がそれましたが、不動産投資セミナーの選び方はひとつです。

第三者をつかってセミナーをしていない会社です。

第三者とは「プロ講師」や「資産家○○さん」や「成功者」
などとしてスピーカーが上記のようなセミナーです。

不動産投資というのは物件と目的によって変わってきますので
同じようなことは絶対にありえないということです。

「○○さんが成功しているやり方でやれば成功する」
なんてことはないので、成功者として話させれば売れる!というのが
上記で述べた講師や成功者をスピーカーとして行う目的ですから。

気持ちが高ぶるところで営業をかければ売れるという魂胆です。
営業は「売るのが目的」ですから。(何度も言いますが)

 

不動産投資のリスク(4)成功者の話はためになるのか?


写真:まんだむさん

 

人の話はあくまで成功事例のひとつです。

先ほどの話と似ている部分がありますが「再現性」です。
再現性があるかどうかで、ためになったか否か判断します。

同じ成功はあり得ないということ、もう一度言っておきます。

あなたにはあなたの目的に合った物件があり、
収支や出口(将来性)を見据えた時に投資する物件か否か、
さらには20年後に残債以上で売却できる可能性がある!!

などの「戦略」を立てます。

よって、成功者の話は成功事例として知識に入れ込んで、
戦略を立てる上での参考程度で聞いておくのが良いでしょう。

 

不動産投資を始める前に

最後になりますが、不動産投資を始める前に

1、開催されているセミナーへ行ってみる
2、目的が決まってなければ個別相談を利用する
3、電話営業は基本的に断る

この3つは重要かと思いますので行動されてみてください。
※最後にいくつか会社リンクを貼っておきます。
(太陽光はオプションです。)

 

不動産投資セミナー実施会社

年収500万円あれば出来るマンション経営

プレサンスが投資マンションを選ぶポイント教えます!参加者全員にプレゼントあり!

太陽光発電なら【新日本住設の太陽光マイスターにお任せ】

株式会社クレド


失敗しないマンション経営について学ぶ【ランドネット】

コメント