住宅ローンについて説明します②

住宅ローン

住宅ローンを検討されてる皆様へ

 

私は「住宅ローンアドバイザー」資格保持者です。

さて、前回は住宅ローンの種類について、簡単にご説明させて頂きました。

将来を見据えたうえで、比較対象を何とするのか。
これが重要です。

さて、今回は『住宅ローンの金利』について、ランキング形式でお話させて頂きます。
※金利は、変動しますので情報と相違がある場合があります。

その前に、住宅ローンには『事務手数料』が必ずかかります。
お金を借りるための金融機関への事務手数料です。

また、この『事務手数料』は金融機関によって金額、割合が違いますのでご注意を。

※紹介は金利の安いところを中心として紹介していますが、
現状あなたがいくら組めるのかを最新の記事で紹介しています。

404 NOT FOUND | さくっとブログ
さくっと解決しちゃいます!!

※2020年最新ランキングTOP5と商品詳細です。

上記の記事では住宅ローンの最新金利や計算方法なども含めて
詳しくシュミレーションで紹介してますので是非ご覧ください。

 

住宅ローン人気ランキング(1)固定金利

①アルヒ(ARUHI)

参照:公式ホームページ

・全期間固定ARUHIスーパーフラット6S
・当初年率0,570%(団信不加入11年目~0,820%)
・保証料:不要
・事務手数料:元金×2,2%

 

②住信SBIネット銀行

参照:公式ホームページ

・フラット35(保証型・自己資金10~20%以上)
・当初年率0,91%
・保証料:不要
・事務手数料:元金×1,1%

 

auじぶん銀行住宅ローン

参照:公式ホームページ

・当初期間引き下げ固定プラン10年
・当初年率0,55%
・保証料:不要
・事務手数料:元金×2,2%

 

④ソニー銀行

参照:公式ホームページ

・固定セレクト住宅ローン(自己資金10%以上/10年固定)
・当初年率0,550%
・保証料:不要
・事務手数料:元金×2,2%

 

⑤楽天銀行

参照:公式ホームページ

・フラット35S(自己資金10%以上/15年~20年以下)
・当初年率0,78%
・保証料:不要
・事務手数料:元金×1,1%

 

 

住宅ローン人気ランキング(2)変動金利

①住信SBIネット銀行

参照:公式ホームページ

・ネット専用全疾病保証つき住宅ローン(通期引き下げ型)
・当初年率0,457%
・保証料:不要
・事務手数料:元金×2,2%

 

auじぶん銀行

参照:公式ホームページ

・住宅ローン全期間引き下げプラン(通期引き下げ型)
・当初年率0,410%
・保証料:不要
・事務手数料:元金×2,2%

 

③ジャパンネット銀行

参照:公式ホームページ

・住宅ローン
・当初年率0,399%
・保証料:不要
・事務手数料:元金×2,2%

 

④楽天銀行

参照:公式ホームページ

・楽天銀行住宅ローン(金利選択型)
・当初年率0,527%~
・保証料:不要
・事務手数料:330,000円

 

⑤イオン銀行

参照:公式ホームページ

・住宅ローン変動金利プラン(手数料低率型)
・当初年率0,520%
・保証料:不要
・事務手数料:元金×2,2%


※ここまで読んで大変さを感じた人には

下記のような一括申し込みをおすすめします。

404 NOT FOUND | さくっとブログ
さくっと解決しちゃいます!!

 

いかがでしたか?

金利にフォーカスすると、圧倒的にネット銀行が金利は安いです。

とはいえ、サービスや安心感で選ぶ方も多いと思います。
大きな金額です、慎重なご判断をしていきましょう。

404 NOT FOUND | さくっとブログ
さくっと解決しちゃいます!!

ご清聴ありがとうございました。

コメント