老後破産する人はどれくらい?老後破産の割合と現実

老後資金

老後破産の割合について説明します。

こんにちは。

前回の記事では、老後破産の原因と対策に
ついて説明しました。

老後破産の原因と老後破産しないための対策
☝クリックで記事へいきます。

今回はどのくらいの人が老後破産になるのか?
こちらを説明しようと思います。


人気ブログランキング
いつも応援ありがとうございます(*’▽’)

※写真はさいこっこさんより

老後破産する人の割合

現在、日本での65歳以上の高齢者は約3,200万人。

その中で、老後破産するのは約200万人といわれています。

老後破産200万人と効いて多いと思いますか?
それとも、少ないと思いますか?

日本は格差というのはあまり表向きには
なっていませんし、シングルマザーで貧困や
ギャンブル依存で貧困などの方がメディアでは騒がれます。

結局、年金2,000万円問題があれだけ騒がれて、
その後はほとんど騒がれなくなりました。

解決してないんですよ!?

 

老後破産した人の現実

では、実際老後破産した人はどうなっているのか。

困っていて貧困という言葉は当てはまりますが、
実際の生活を紹介します。

老後破産した人の生活①住居の問題

老後破産した人の大きな問題は、住む家です。

持ち家ではなく、賃貸に住んでいる人は毎月家賃が発生します。

404 NOT FOUND | さくっとブログ
さくっと解決しちゃいます!!

毎月5万円の家賃を20年間支払ったとしましょう。
単純に1,200万円がかかってしまいます。

定年後とは限らず、定年前に何らかの理由で職を
なくし、家賃が支払えずホームレス。

この流れに陥ることになるでしょう。

では、持ち家だと安全でしょうか?

結論、安全ではありません。

一軒家の場合は修繕費用が定期的にかかります。

外壁やコーキング、屋根や躯体、設備にしても
10年~15年に1度は金額にして150万円前後必要です。

一方でマンションですが、管理費と修繕積立金が
ローンの残債がなくても維持費なのでかかります。

マンションの場合は築年数が古くなればなる程、
修繕にかかる費用は高くなりますので、当然積み立ての
金額も増加していきます。

結果、その維持費が支払えず家を引き払う選択を
する人も少なくはありません。

 

老後破産した人の生活②医療費や介護の問題

お金がない訳ですから、満足に医療も受けられず
持病が悪化してもう手遅れ…という人も多くいます。

また、介護施設の料金が支払えず路頭に迷う人も
少なくはありません。

老後破産というのは、そういうことです。

前回の記事でも説明しましたが、退職金は年々減少し
年金も年々減少しているのです。

404 NOT FOUND | さくっとブログ
さくっと解決しちゃいます!!

 

老後破産にならない為にする事

老後破産と聞いて「自分は大丈夫」と思わないでください。

誰にでも可能性がありますし、もちろん私にもあります。

しかし、今から生活の仕方やお金の考え方を
少しでも変えるだけで、防げる可能性は顕著にあがります。

 

老後破産にならない為にする事①生活費を把握する

よく、生活費を見直しましょうとファイナンシャルプランナー
の人が話していますが、見直す前にやることがあります。

「生活費を把握しましょう」です。

現在の生活費を把握していないから問題点に
気が付かないのです。

把握するだけで、普通の感覚を持っている人は
どこが多いのか、どこを削れるのかわかるはずです。

 

老後破産にならない為にする事②資産形成

前回の記事でも紹介していますが、
老後の生活は積立てたお金が減っていくだけですから、
しっかりと資産を刑せして計画を立てておきましょう。

興味がある方は下記に記事を貼っておきますのでご覧ください。

404 NOT FOUND | さくっとブログ
さくっと解決しちゃいます!!

 

最後に

老後くらいは余裕をもって気持ちよく過ごせるように
しましょう…

始める事、動く事、知る事、これが一番重要です。

皆さんのお力添えになればと心から願っています。

コメント