売れる!!不動産売却の方法とサイトの使い方

不動産投資

不動産を売却したいのに売れない

そう思っていませんか?

実は不動産を売却するためには、
いくつかコツがあるのです。

これを読んでいただいて、少しでもお役に立ち
そしてご希望に沿ったかたちで売却できることを願います。

※今回は、ご自身で住んでいる個人宅の売却の話です。


人気ブログランキング
いつも応援ありがとうございます(*’▽’)

 

不動産屋売却サイトで営業マンがくる

不動産の売却を決められた時、仲介する会社の
営業マンにどのような話をされましたか?

「今ちょうどこのエリアで探している方がいます」
「立地も良いので1.2ヶ月もあれば売れます」
「3ヶ月間の専任契約を締結してもらえれば必ず売ります」
「今なら相場が高いので、購入時よりも高く売れる可能性があります」

そんなところでしょうか?

はてさて、その後どうでしょう…。

「○○さん、少し売値が高いみたいです」
「今より100万円下げれば売れます」
「○○万円なら買うと言ってるお客様がいるんですよ」

はい、値段交渉きましたね。

大体は、あってますか??

基本的に、営業マンは売却する商品が欲しいので
上記のような話から、売却の承諾契約をします。

そのため、この様なトークをしていくのです。



営業マンの話しは半分聞いていればいい

全ての営業マンがそうとは限りませんが、数字が全てです。

達成できない無理なノルマがある会社もありますし、
少し前までは、受話器にガムテープを巻かれてテレアポを
おこなっていた時代もあります。

もちろん、契約が成立した際には大きなお金が入ります
ので、それを目標に営業をしています。

売却担当は基本は仲介業だと思いますので
仲介手数料は最大6%ですから、3,000万円の不動産を
売却の為に仲介できれば、180万円が利益として入ります。

そのうち、営業マンへは20%程でしょうか。
会社によって給与体系も違いますし、歩合も違いますが
仮に20%としても36万円が月給とは別に入ります。

何が言いたいかというと
『目的の為に様々なトークをしてきますよ』
ということです。

結論、何を言われようが、売却する物件の価値が全て
ですから、近郊の市場や地域の相場をベースにするため
それ以上にもそれ以下にもならないということです。


☝ご興味ある方は1冊どうぞ♪

売却を考えた時にまずやること

先に相場を知っておくことです。

プロに任せてけばいいなんてことはありません。

ご自身の不動産がどのくらいの金額の目線なのか?

このひとつを知っておくだけで、営業マンとの
交渉に布石を打てますし、会話が成立します。

一番よくないのは『知識をもたないこと』です。

最低限ご自身の不動産の価値を数字(値段)で
知ってさえいれば、大丈夫です。



不動産の値段(相場)を知るためには

最初に、一括査定を出してしまいましょう。

その査定金額の平均が、売れるであろう値段です。

不動産の値段なんてすぐ出るのです。

築年数、間取り、構造、土地の広さに加えて国交省が決めた
土地単価がありますし、不動産屋には査定サイトもあります。

上記を元に、周辺の実績を見て、値段を決めますから。

お会いできないと値段も教えられないなんて不動産屋と
今ちょうどそのあたりで探しているお客様がいるんですと
第一声に言ってくる不動産屋には合わなくて良いです。

無駄です。

下記に査定サイトのリンクを貼っておきますので
クリックして頂き、ご覧ください。

 

おすすめ不動産査定サイト


〇野村不動産アーバンネット

約60秒のカンタン入力!ノムコムで無料査定
☝クリックでHPにいきます。


住友林業ホームサービス

2019年オリコン顧客満足度R第1位!住友林業ホームサービス
☝クリックでHPにいきます


〇ドウスル株式会社
戸建て、借地権、底地、再建築不可の売却一括査定サイトはこちら
☝クリックでHPにいきます

〇Toucier(トウシェル)
Toucierの資産運用~不動産売却から資産運用まで設計プランをご提案~
☝クリックでHPにいきます

 

いかがでしたか??

この人知識あるなぁと思わせたらスムーズです。
良い商談になりますように願っています。

今回は住んでいる個人の所有不動産が対象でしたが
次の記事では投資用不動産の売却方法をお伝えします。

☝最後にもう1冊ご紹介させて頂きます。

コメント