うつ病と診断されたら休めばいい

健康/検査

うつ病と診断された…どうしよう。

こんにちは。

今回は、うつ病と診断されて気が滅入っている方へ
少しでも参考になればと想いで書かせて頂きました。

私が大事にしているのは、「心」です。

甘えとか、妥協とかそういうことではなくて、
心のケアって本当に大切なんです。


人気ブログランキング
いつも応援ありがとうございます(*’▽’)
写真はFineGraphicsさん

 

「心」のケアが一番大事

病気になると、まず初めにダメージをうけるのが
事故などでない限り「心」です。

私なりに考えた結果…

・周囲が理解してくれない
・甘えるなと言われた
・嫌な言葉を言われた
・変な目で見られた

そういったことが日常生活で起きています。

普通に生活したいのに、なぜ??

心底、周囲のひとにわかって欲しいのが、
「今までとは違うんだよ」ということです。

うつ病だけでなく、病気になる前は何とも
思わなかった言葉や態度、目つきが気になるんです。

病気になれば周囲にそのことを伝えるはずです。

当事者は、伝えることで理解をして欲しいと思って
伝える決断をして、歩み始めます。

それなのに、周囲は何もわかってくれない…

これでは治るものも、治りません。

 

甘えたいんじゃない、理解して欲しい

よく、周囲がわかってくれないと聞きます。

なぜか。

理解してないんです。

甘えたくて伝えたわけでもなく、楽(らく)したくて
伝えたわけでもないのです。

ただ、理解をして欲しいと、それだけです。

そんな中、発した言葉で傷つき悪化したらどうですか?

責任取れんのか!?

と思う時もあるでしょう。

 

否定しないで欲しい

否定はしないであげてください。

甘やかさなくていいんです、頼らせてあげてください。

笑ってあげてください。

休むことも、生きていることです。

「がんばれ!!」

ではなく

「できることがあれば言ってね」

それだけでいいんです。

宜しくお願いしますね。

心が温まる本

私の方で心が温まる、休まる本を紹介します。

読書は集中しますから、気持ちの切り替えに使ってください。


休むこともいきること(電子書籍で581円です)
「自分は大丈夫」と思っている人ほど危ない。
うつ病は心の病気ではなく、脳の病気ですと、
予防から生きるという大切さを教えてくれます。

 


薬に頼らず治す方法(電子書籍で1,281円です)
精神科医の藤川先生が執筆しています。
うつやパニック障害、不眠や統合失調症の方の
血液を調べた結果「共通点が見つかった」のです。
その共通点とは…?

 

最後に

患者さんも、なりたくて病気になっていません。

少しだけ、向き合うことの大切さを持って
少しだけ支えてあげてください。

コメント