【保存版】夫婦で老後資金はいくら必要なのか

老後資金

老後資金は夫婦でいくら必要??

こんにちは。

今回は老後資金は夫婦でいくらあればよいのか。

考えていきたいと思います。

前の記事では、老後資金の運用シュミレーション
年金問題への対策や、資産運用を紹介しました。

下記にリンクを貼っておきますのでクリックでご覧ください。

【最新】10年で老後資金2,000万円をつくる!年金問題の対策!!
☝10年後に2,000万円になる資産運用の方法です。

年金問題の現状と年金受給の未来への対策
☝年金問題をさらりと紹介しています。

年金受給額の平均と計算方法
☝年休受給額の平均と計算方法を解説しています。


人気ブログランキング
いつも応援ありがとうございます(*’▽’)
※写真はakizouさんから

このケースでは親を亡くしたり、身内を亡くした方向けの
その後の手続きや方法を書いているものが多くありますが
「おひとり様」への記事が少ないので下記におひとり様用の
書籍を紹介しておきますので、ご覧ください。


☝画面クリックでamazonへいきます。

 

夫婦の老後資金の実態

総務省の統計によると、60歳以上の高齢者の
平均貯蓄額は「2,384万円」です。

また、年金の実収入は平均21万円です。

しかし、生活費は26万円が必要のため
毎月5万円の赤字と予測されています。

はたして本当でしょうか??

 

夫婦の老後資金の可処分所得

夫婦の老後資金の年金で、月21万円が支給され、
社会保険料や税金で3万円引かれるとしましょう。

そうすると、可処分所得は18万円です。
(可処分所得とは、手取りのことです)

 

夫婦の老後資金の支出は?

考えてみましょう。

夫婦で18万円の手取りがあるということで、
生活の支出を出してみました。

家賃がある夫婦の支出計算をしたところ、
毎月20万円あれば生活できます。

今回は家賃を8万円で計算していますので、
持ち家で住宅ローンの支払いがない人はその分うきます。

そうなれば、生活は問題ないのでは?

資産運用も大切ですが、実際の生活費のイメージを
家庭で可視化していくと、実態が見えてきます。

 

夫婦の老後資金での生活費

生活費を見直せば、多い家庭で1,000万円近くの
老後資金の節約になります。

そこで、おすすめの書籍をご案内します。

【本気で家計を変えたいあなたへ】

☝画面クリックでamazonへいきます。

ご存じの方もいるとは思いますが、大人気です。
家計を可視化して、記入していくことで各家庭の
家計を設計・見直しすることができます。

 

【みんなのお金の使い方・貯め方】

☝画面クリックでamazonへいきます。

家計で「大切なのは優先順位」で出費・節約の
それぞれの優先順位をつけ、出ていくお金を減らす。
自分軸、家庭軸でわかる書籍です。

最後に

ご自身の家計を知ること。

これが重要です。

コメント