保育士の年収は低いのか?保育士の平均年収を徹底解説!

就職/転職

保育士の年収への影響は?

こんにちは。

今回は保育園無償化に伴う保育士への待遇への
影響について、紹介します。

前回の記事はこちら↓↓

【最新】保育士に人気のある保育士求人サイト
☝クリックでサイトへいきます。


人気ブログランキング
いつも応援ありがとうございます(*’▽’)

※写真はheartsanさんより

 

 

保育士の平均年収

一概に年収といっても、年代や地域によって異なりますが
現時点での平均年収は、326万円となっておいます。

〇20代では、273万円
〇30代では、275万円
〇40代では、331万円

以上が、国税局が出している保育士の年収です。
年齢別で見ても、低い方だと感じる方も多いと思老います。

あなたの年収は高いですか?低いですか?

 

保育士の年収①昇給

保育士の年収をあげるには、一般的なサラリーマン
と同じで昇給や昇格によって変わってきます。

①勤続年数による昇給
効率保育園では、正規社員は公務員になるため、
勤続年数に応じて規程の昇給が発生します。

勤め先が私立保育園の場合は、就業先の保育園の
規程により、昇給が考えられます。

②役職手当による昇給
園長、副園長、主任、リーダーなどの役職を
設けている保育園もあり、昇格で昇給します。

③転園による昇給
保育園といっても規模や地域で格差がかなりあります。
よって、転院して平均給与水準が高いエリアへ転院
することで、年収をあげることができます。

 

保育園の年収②国の政策

私立保育園の待遇に関しては、社会問題になっています。

そのため、政府が解決策を出して自実施決定することも
増えてきており、改善傾向になりつつあります。

昨今では2017年に政府が全国の保育士の給与ベースを
6,000円アップすると決めました。

それに対して千葉県では、保育士の給与ベースを
3万円上げることを決定しました。

このように、対策として待遇面の改善が課題ですが
何も変化がないのではなく、改善傾向です。

 

保育士の年収格差

先ほど述べた保育士の年収についてですが、
公立と私立では格差が大きく出ています。

厚生労働省調べによると、
公立保育園の平均年収が555万円(平均年齢45際)
私立保育園の平均年収が327万円(平均年齢36際)

この差を見れば、保育士で年収が低いと嘆いている
方は私立保育園を選択してしまった方だと言えます。

 

保育士の雇用形態

保育士が全て正規雇用ではありません。

現愛は契約社員や派遣保育士、臨時保育士
というのも存在します。

〇契約社員の平均年収は250万円~330万円
〇派遣保育士では時給1,200円~1,800円です。

※派遣保育士の時給1,800円は稀なケースです。

 

保育士の年収をあげる対策

年収をあげる対策としては大きく二つあります。

ひとつは、転職をすること。
もうひとつは役職をあげること。

どちらも難しいことではありません。

【保育士確保】と厚生労働省でも掲げている以上、
これから向上する反面、格差も広がる可能性があります。

今、考えている方は動き始める事ことが最優先です。

 

保育士の年収をあげる対策①転職

都心と地方ではまた年収格差がありますし、
都心への転職となると、住居やなんやらと大変です。

現在私立で働いている方は、公立への転職をお勧めします。
実際の統計では公立と200万円近くの差がでてますので、
待遇面で不満がない方以外は考えた方が良いでしょう。

※前回の記事で保育士専門の転職サービスを紹介しています。

【最新】保育士に人気のある保育士求人サイト
☝クリックでサイトへいきます☝

 

保育士の年収をあげる対策②役職をあげる

一般職で経験を積んだら、主任保育士を目指しましょう。

主任保育士にもなれば私立保育園で450万円前後の年収になり、
公立保育園の主任保育士とは格差はありますが、一般職よりも
格段と年収があがります。

これは、公立も私立も園長クラスの年収では大きな格差が
ないため、安定できるのは主任クラスということになります。

 

保育士の不足は進んでいます

その理由として、待遇面が大きいと思います。

これだけ子供が大好きで保育士の道を選ばれた
方々が、生活面を理由に離職していくのはか悲しい現実です。

政府も対策をうっています。
保育士確保のために待遇も改善されていきます。

期待をもって諦めず頑張って頂きたいと願います。

 

コメント