2分でわかる住宅ローン!!年収300万円でいくら借りれる?教えます!!

住宅ローン
ngkrさん

年収300万円で住宅ローンは組めるのか。
組めるとしたら年収300万円で住宅ローンはいくら組めるのか。
借り入れはいくらまで?

年収300万円の人の住宅ローンを解説します。

私は住宅ローンアドバイザーの資格保持者です。

住宅ローンアドバイザーとは、住宅金融普及協会が
認定する資格でお客様の立場に立ちコンプライアンス
を遵守し適切なアドバイスができる資格です。


いつも応援ありがとうございます。

 

住宅ローンの3つの種類と特徴

photoBさん

住宅ローンには3つの種類があります。

①固定金利型
②変動金利方
③固定期間選択型

上記の中から選択し、住宅ローンを組みます。

それぞれ説明していきます。

 

住宅ローンの種類①固定金利型

固定金利型は完全固定型とも言います。

住宅ローンの借入期間中は完済までずっと
金利が固定される商品になります。

返済スケジュールが完済までぶれずに
イメージしやすく、返済しやすい種類です。

 

住宅ローンの種類②変動金利型

変動金利型は金利が変動する商品です。

変動のタイミングは6ヶ月。
6ヶ月ごとに金利が見直され、さらに5年ごとに
返済額が見直される商品となります。

金利が上昇することによる返済額には限度が
定められていて、従来の返済額の1.25倍が上限です。

金利上昇による返済額増加のリスクがあります。

 

住宅ローンの種類③固定期間選択型

固定期間選択型は、5年や10年といったように
一定期間は固定金利になる商品です。

期間満了の時点で再度金利を設定し固定金利型か
変動金利型を選択します。

選択した金利によって返済額が見直されます。

金利上昇による影響を大きく受けやすく、変動金利
のように上限が定められていないため、返済額の
大幅増加になる可能性があります。

 

住宅ローンの借り入れ可能額はなにで決まるの?!

住宅ローンの借り入れ可能額は「返済比率」で決まります。

「返済比率」とは年収に占める年間の返済額です。

「その年収なら返済比率から、借り入れは○○円ですね。」
といった具合です。

金融機関などによって変動はありますので、ご了承ください。

 

返済比率は年収によって決まる。

住宅ローンにおける返済比率は、
年収に応じてボリュームが決められています。

金融機関によって多少の差異はありますが、
一般的に年収400万円以下の人の返済比率は30%上限が相場です。

住宅ローンを組むうえで目安にしておくといいでしょう。

 

年収300万円で住宅ローンはいくら借りれる?

年収300万円の人の場合
年収300万円の人の年間の借り入れ限度額は90万円になります。

年収300万円×返済比率30%=90万円(年間の返済額)

年収に対しての返済比率のため、住宅ローン以外に
車のローンがある人はその他ローンの合算で30%が上限となります。

それだけ借り入れの金額が減額されます。

 

年収300万円では2,340万円の住宅ローンが上限目安!!

年収×返済比率÷12÷3,195×1,000,000(円)が計算式になります。
300万円×返済比率30%÷12÷3.195×1,000,000=2,340万円(単位:万円)

年収300万円の人が住宅ローンが組める金額の上限は2,340万円となります。



 

2分でわかる住宅ローンまとめ

いかがでしたか?

結論とポイントだけで住宅ローンの内容と
借り入れの目安や計算式が理解できたかと思います。

自分はいくら住宅ローンが組めるのか。
知っておくことで住宅選びが絞れますね!



コメント