老後資金

スポンサーリンク
老後資金

40代が考える老後破産への不安とは?

今の40代が定年を迎えて老後という年齢になる頃には、日本の人口が1,2憶万人を下回ります。そうなれば、高齢者が増えていくこの中へ入り込んで行くわけですから、年金も手当も割合が減少します。更にそれ以下のん若い世代が減少しているわけですから資産を自分で作るしかないというのが結論です。
老後資金

30代が考える老後破産への不安とは?

今はマイホームも高い、結婚式も高いなど物価が上昇して様々な問題から何を優先すべきかが明確になりません。30代から60歳以降のことを考えろと言われても、やっと収入が安定し結婚も考えてるなかで老後??となるでしょう。
老後資金

老後資金の嘘やデマに流されないための計算方法

もうおわかりの方もいるかと思います。そもそも老後で年金100年安心なんてありません。60歳から65歳で定年を迎え、そこから100年ですよ?年金ですから定年後、年金受給者が対象ですから。160歳の人が今までいたでしょうか?
老後資金

老後の生活への不安は何がある?老後生活の実態と考えるべきこと

老後資金や資産運用、年金対策や実例シュミレーションを紹介してきましたが、原点に戻って実際、老後の生活に不安を持っているひとは、どのような不安があるのか。今回はその現実について紹介します。これを元に、自分に必要なものが見えてきます。
老後資金

老後破産する人はどれくらい?老後破産の割合と現実

現在、日本での65歳以上の高齢者は約3,200万人。その中で、老後破産するのは約200万人といわれています。老後破産200万人と効いて多いと思いますか?それとも、少ないと思いますか?日本は格差というのはあまり表向きにはなっていませんし、シングルマザーで貧困やギャンブル依存で貧困などの方がメディアでは騒がれます。
老後資金

老後破産の原因と老後破産しないための対策

老後破産という言葉を最近よく聞きますが、今まで頑張ってきた努力を無駄にしないで下さい。老後破産の原因と対策を事例と合わせて紹介します。住宅購入の際はどれだけ長くても65歳までの支払い計画をたて、繰上げ返済などをおこなって更に繰上げのおかげで60歳までの支払に調整しておくことが、最大のリスクヘッジであります。
老後資金

【保存版】夫婦で老後資金はいくら必要なのか

家賃がある夫婦の支出計算をしたところ、毎月20万円あれば生活できます。今回は家賃を8万円で計算していますので、持ち家で住宅ローンの支払いがない家庭はその分うきます。そうなれば、生活は問題ないのでは?資産運用も大切ですが、実際の生活費のイメージを家庭で可視化していくと、実態が見えてきます。
老後資金

【最新】10年で老後資金2,000万円をつくる!年金問題の対策!!

【老後資金を2,000万円つくりたい方だけご覧ください】今回は10年で老後資金の2,000万円をつくる方法と対策をシュミレーションで紹介します。年金2,000万円不足と言われている時代に入り将来設計が少し崩れた方も多いと思います。焦らなくで大丈夫です。「確定拠出や保険商品があるから大丈夫」と思う方はそちらでどうぞ。
老後資金

年金問題の現状と年金受給の未来への対策

最近騒がれている年金問題。老後資金が1世帯あたり2,000万円の不足と発表され多くの方が不安を持たれたかと思います。報告書の内容では、高齢夫婦の無職の世帯では、平均支出額が26万円余りの支出がある一方で、年金の収入が21万円となり毎月の赤字が5万円になる為、老後30年間で2,000万円の不足となる。とあります。
老後資金

年金受給額の平均と計算方法

年金受給額の平均と計算方法についてご紹介させて頂きます。年金問題が大きく取り上げられている今、問題には向き合った方が将来的に良いかと思います。国民年金の方も厚生年金の方も、一生懸命今まで働かれてきて、老後不安なんてそんな悲しい事はありません...
スポンサーリンク