年収400万円の住宅ローン!店頭金利と優遇金利の違いと選び方を解説!

住宅ローン

年収400万円前後で住宅ローンを検討している人へ

年収400万円前後の人からよく聞かれるのは、フラット35の固定金利や変動金利はどちらを選べばいいですか?と言った住宅ローンの金利について聞かれます。

回答としては、正解がありませんので自分に合った金利を選んでくださいとしか言いようがないことが正直なところです。

「自分に合った金利」とは何でしょうか?

それは、自分の生活に負担のない月々の返済額と住宅ローンの借り入れ年数のことです。

この記事では「店頭金利」「優遇金利」の違いを説明していますので、住宅ローンにおける金利の理解をすることができます。

住宅ローンの金利の選び方については過去の記事でも紹介しています☟

2分でわかる住宅ローン!自分に合った金利と注意点を説明します!
住宅ローンを組みたいけど金利はどれがいいの?金利の種類って難しくてわからない...。住宅ローンの金利は何を基準にすればいいの?住宅ローンの金利というのは向き不向きがあります。自分に合った向いている金利の選び方を知ることで、適正に合った金利を選ぶことができます。

私は住宅ローンアドバイザーの資格保持者です。


☝いつも応援クリックありがとうございます(^_-)-☆

 

 

年収400万円の住宅ローン借り入れ理想額


年収400万円の人の年収から計算すると、住宅ローンは約3,129万円の借り入れが上限額となっています。

(もちろん、金利や返済比率によって異なります)

例えば、3,000万円の住宅ローンを35年で組むとすると、月々の住宅ローンの返済額は9万円前後になります。

この住宅ローンの月々の返済額である9万円は無理なく返済できる金額ですか?

毎月9万円の住宅ローン返済額に少しでも無理がある場合は、住宅ローンの借り入れ額を500万円減額して2,500万円の住宅ローンを組み、頭金を500万円入れるといったように戦略が必要です。

住宅ローンは年収と借り入れ額以外にも金利と返済期間によって月々の返済額が異なるため、生活費と年収のバランスをしっかり網羅したシミュレーションをすることが重要です。

 

住宅ローンの金利の種類(店頭金利・優遇金利)


住宅ローンの種類と聞くと、固定金利や変動金利を思い浮かべると思いますが、今回説明するのは店頭金利と優遇金利の種類について説明していきます。

固定金利や変動金利の内容は過去の記事へどうぞ☟

2分でわかる住宅ローン!自分に合った金利と注意点を説明します!
住宅ローンを組みたいけど金利はどれがいいの?金利の種類って難しくてわからない...。住宅ローンの金利は何を基準にすればいいの?住宅ローンの金利というのは向き不向きがあります。自分に合った向いている金利の選び方を知ることで、適正に合った金利を選ぶことができます。
住宅ローンの金利やランキングと控除の疑問をシュミレーションで徹底解説
住宅ローンのランキングや金利は?控除っていくら?審査が通るか不安...。などの疑問をシュミレーションで徹底解説します。これさえ知っておけば失敗しない住宅ローンが組めます。

 

住宅ローン『店頭金利とは』

店頭金利とは、金融機関の店頭で公表されている金利のことを言います。

金融機関の店頭にあるポスターやチラシ、それぞれの金融機関の公式ホームページの住宅ローンページに掲載されている金利が店頭金利となります。

昨今では変動金利で2.5%前後で設定されており、その住宅ローンの店頭金利をもとに実行される金利がどの程度なのか?設定されている店頭金利よりも金利が安くなるのか高くなるのか?の商談が行われます。

 

住宅ローン『優遇金利とは』

優遇金利とは、前述で述べた金融機関の店頭で公表されている店頭金利から割引された金利のことを優遇金利といいます。

住宅ローンの契約では、仲介業者や不動産業者と優遇金利での住宅ローンの金利設定で定型している金融機関も多く、実際には優遇金利で住宅ローン契約をすることが多いのが実態です。

優遇金利は、店頭金利から多くて2%前後の住宅ローンの金利が安くなる傾向にあります。

※余談ですが、私は2.7%の店頭金利から0.6%の優遇金利が適用されました。

 

住宅ローンは控除や給付の制度を上手に活用する


住宅ローンの金利は店頭金利と優遇金利があり、基本的には優遇金利で住宅ローン契約ができますが、年収からの住宅ローンの返済計画を立てるうえで住宅ローン控除などの「控除」も上手に活用することで、住宅ローンの返済に少し余裕が持つ事が可能となります。

住宅ローン控除というのは誰もが聞いたことがあると思いますが、住宅ローン控除の内容を理解しておく必要があります。

住宅ローン控除は、住宅ローンで住宅を購入した人を対象として住宅を購入した年から10年または13年間は、住宅ローンの残債の1%を上限として確定申告または年末調整で還付される制度になります。

実際には源泉の所得税額に起因し、年間で支払った所得税額を満額として還付されるため、年間の所得税額が20万円の人は年末時点で住宅ローンが2,000万円残っていれば、1%である20万円が還付されます。

住宅ローン控除を利用するだけで月々の返済に15,000円程の余裕が10年以上続くので、活用することをおすすめします。

 

年収400万円の住宅ローンと店頭金利と優遇金利まとめ

住宅ローンと一言で言っても様々な制度と種類があります。

店頭金利と優遇金利、住宅ローン控除、期間や返済計画をしっかりシミュレーションすること、知識を少なくとも付けておくのとでは全くその後のライフスタイルが変わってきますので、慎重に利用してください。

☟その他住宅ローンの記事はこちら

住宅ローンの頭金の目安はいくら?みんなの平均額とポイントを解説!
そもそも住宅ローンに頭金は必要なの?頭金が必要か否か、ポイントをふまえて説明していきます。この記事では、住宅ローンを組むうえでの頭金を用意する目安や、みんなの平均額がわかります。
仲介手数料『無料』は嘘!?不動産会社のからくりは?
不動産取り引きで仲介手数料が『無料』と聞くと食いつきたくなる案件ですが、実際に仲介手数料は無料になるのか?仲介手数料が無料になることでリスクやデメリットはないのか?仲介手数料が『無料』になるからくりを考えていきましょう。


☝宜しければブログランキング応援宜しくお願い致します。

 

コメント