住宅ローンを安心して返済する方法を紹介します!!

住宅ローン
月舟さん

私は住宅ローンアドバイザーの資格保持者です

住宅ローンの返済は生活を圧迫していますか?
住宅ローンの返済に困っていませんか?

住宅ローンの返済をしていくうえで、安心して住宅ローンの返済をしていく方法があります。
この記事では、仕組みを理解し余裕をもって返済スケジュールを調整できる様になります。

 

無理せず住宅ローンの返済していく2つの方法

photoBさん

住宅ローンを無理なく、生活を圧迫をせずに返済していく方法は2つあり、ひとつは「住宅ローン控除」でお金を戻し、もうひとつは「住まい給付金」でお金をもらう方法です。

住宅ローンを組むうえで、取得できるお金や給付されるお金があることを知っておくだけで、想定していた住宅ローンの返済スケジュールへの不安を早い段階で払拭できるメリットが出てきます。

 

住宅ローン控除とは何か

マイホーム購入者がよく話をする「節税」がこの住宅ローン控除のことで、住宅ローンを契約して住宅を購入した場合、購入した年から10年または13年の期間は年末12月の時点での住宅ローンの残債の1%を上限として、確定申告か、企業に勤めている人は年末調整で還付されるといった制度になります。

注意点としては、住宅ローンの残債の1%が上限として還付される制度ですが、還付される上限金額は自身の1年間で支払った所得税になるということを覚えておいてください。

多い人では10年で400万円前後になるので、ありがたい制度になります。

住宅ローン控除について過去の記事で詳しく説明しています。

住宅ローン控除の計算方法と借り換えシュミレーションを解説
節税と言われているのがこの部分です。住宅ローン控除については、年末の12月の時点で残っている住宅ローンの1%が上限です。住宅ローンの金利というのは、景気に左右されやすい商品のため、今現在の低金利時代で住宅ローンを組む人と、20年30年前に組んだ人では大きな差が出ます。

 

住まい給付金とは何か

住まい給付金とは、消費税引き上げによる住宅購入者の負担を緩和するために創設された制度で、最大で50万円が住宅ローン利用を利用して住宅を購入した人に限り、給付されるお金になります。

住まい給付金の制度は利用期限があり、令和3年12月までに住宅を引き渡され、その住宅へ入居が完了している住宅までが住まい給付金の期間の対象となります。

住まい給付金について過去の記事で詳しく説明しています。

住まい給付金とは?住宅ローンで後悔しない為の給付金!!
住まい給付金とは、消費税引き上げによる住宅購入者の負担を緩和するために創設された制度です。給付金なので、住宅購入者は給付されます。損をしないためにも、その住まい給付金につてい解説していきます。

 

住宅ローンの返済には制度を活用すること

fujiwaraさん

住宅ローン控除と住まい給付金を合わせると大きな金額になります。

多い人では住宅ローン控除と住まい給付金を合わせて500万円前後の金額となりますので、困った時の返済金として貯蓄していくことをおすすめします。

住宅購入の初年度から余裕をもてるメリットになりますし、金額を見れば住宅ローンの返済にどれだけ大きな影響を与えるのか理解頂けると思います。

 

住宅ローンの返済対策についてまとめ

住宅ローンを借り入れした後に、生活していく中では予想していなかったことも起こりますが、重要なポイントは「予想していなかったことが起きた時に対処できるようにしておくこと」これが重要です。

給付金などの制度はすべて活用し、万が一の場合のリスクヘッジをしておきましょう。

 


お読み頂きありがとうございます。
人気ブログランキングへのご協力頂けると嬉しいです。

コメント